スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カビラ


昨年の台風でアボカドがやられてしまいました。
アボカドはもういいか、と諦めていたのですが、色々考えた末、これが最後の挑戦と決めて買いました。
当分は鉢植えで育て、将来は超低樹高仕立てにしてみよう…などと思い描いています。

品種は、カビラです。
昔にタイから導入され、石垣島の川平湾のあたりで栽培されてきた豊産性品種です。
今度こそ、国産のアボカドを食べられるよう大切に育てます。
スポンサーサイト

若葉の季節

アボカドの実、2個だけ残っていたのですが、ついに落果して1個になってしまいました。
まだ木が小さいので、余程のことがなければこれもいずれ落ちる運命でしょう。

ドングリほどの大きさですが、齧ってみました。
当然、まだ脂ものっていなくて青臭いだけですが、アボカドの香りは確かにありました。
木が大きくなれば、庭でとれた美味しいアボカドが食べられることでしょう。
2011050818220001.jpg
木はまだ人の腰くらいの高さしかありませんが、樹冠はかなり広がって来ました。
花芽の後は葉が伸びて、昨年の葉とはすっかり入れ替わった若々しい姿です。
枝も伸びて、一回り大きくなりました。
今から、伸びた枝に養分を送り込んで充実させていく時期です。
そのために、来年への期待を込めて肥料を与えました。

小さな小さな…

接木苗を購入してきて早くも3年目に突入した庭のアボカド、今年も花が咲き…ついに結実しました!!
写真を撮ってみましたがどうしても葉っぱにフォーカスされてしまいます。
中央のマッチ棒の先のような形をしたのがアボカドの幼果です。

2011042118540000.jpg

まだ木が小さいためこれから落果してしまうのでしょうが…
何せアボカドは5000~10000も咲いた花のうち1つしか実がつかないそうですから。
今年は実っただけで十分です。本番はこれから、がんばれアボカド君!!

アボカドは本土でも東京以南の比較的温暖な土地で栽培可能ですがいくつか問題点があります。
スーパーで普通に売られているハスと言う品種は耐寒性が弱いので本土での栽培には不適なのです。
また、実生では結実までに10年近くもかかる上、親と同じ品質の実が成るとは限りません。

そこで、接木をすることになります。
接木は既に成熟した木から取った枝を穂木として接ぐため、収穫までの期間も短縮できます。
もちろん実の品質は穂木の元の木と全く同じになります。
我が家でも接木をしてアボカドを増やしていく予定で、そのための台木も現在順調に生育中です。
プロフィール

fruitslover

Author:fruitslover
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。