FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純熱帯性

4月も半ばを過ぎて暖かくなり、バンリュウガンがようやく新しい葉を出しはじめました。
バンリュウガンは純熱帯性で台湾の北部ですら成長が遅くなるそうです。
沖縄で成長が遅いのも仕方ないのでしょう。
DSC_0359.jpg
いかにも南洋の木という感じの葉が気に入っています。
去年の夏に比べるとかなり幹も太くなりました。
葉も増えてかなりしっかりしてきています。
DSC_0358.jpg
熱帯性の植物を亜熱帯で育てると開花結実が早くなりやすいという話を最近読みました。
バンリュウガンがこれにあてはまるのかはわかりませんが、あと2、3年での開花を期待しています。
スポンサーサイト

Pometia pinnata


新入りの紹介です。
あれこれ買うのもそろそろ…と思いつつつい買ってしまいました。
バンリュウガンです。

台湾、フィリピン、マレーシアなど広い地域に自生し、ライチに似た実がなる…そうです。
また、サモアでは木材や薪としても使われるとか。
耐寒性はやや弱く、沖縄でギリギリ栽培可能です。

どうも情報が少ないので、英語で書かれた解説を読んでみました。
実生から5~10年で結実とのことです。
この苗は6年ですが、沖縄はこの木には寒いのであと数年は見た方が良いかもしれません。

果実は美味しいけど保存がきかないためあまり流通はしていません。
根は浅く広く張り、挿し木も容易とのことです。
この木についてはまだ情報も少ないので色々調べたり試したりしつつ育てていきます。
プロフィール

fruitslover

Author:fruitslover
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。