FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キントラノオ科

DSC_0234.jpg
アメイシャの挿し木が成功しました。
アメイシャの殖やし方は、色々と調べてみても実生、接木としか書かれていませんでした。
そこで挿し木も実験です。
アメイシャはアセロラと同じキントラノオ科なので挿し木できるのではないかと考えました。
ランバイと同じように、やってみなくては結果はわかりません。
DSC_0236.jpg
昨年秋に細い枝先を10~15㎝くらいに切って3本砂に挿しておいたら、春になって3本とも発根しました。太くてしっかりした根が出ています。
本当は春に挿し木をするのがベストだと思いますが、成功したので結果オーライです。
アメイシャの挿し木は難しくないようです。
DSC_0237.jpg
親木の方も昨年とは見違えるほどに大きくなっています。
本当に成長の速い植物です。
落葉樹的なところがあるようで、夏に生えていた大きくて幅広の葉は冬にすべて落ち、細長くて色の薄い葉がたくさん出てきました。
DSC_0239.jpg
色が薄いのでまた沖縄本島南部のアルカリ土壌で起きやすい微量要素欠乏かと心配しましたが問題ないようです。
しっかりと色づいてきました。
これから夏になるとまた幅広の葉が出てくるそうです。
発根した挿し木苗も鉢上げし、これでアメイシャは計5本になりました。
4月の満月の時期にまた挿し木をしてみます。
スポンサーサイト

正体はameixa

今年の4月に、名前もわからない木を買ってきました。
それは「ビタミンの木」と名札がつけられ、150円で売られていました。
もしかしたらこれが噂のカムカムか?でもこんな安く売ってるはずはないし…?と半信半疑で買いました。

鉢に植え、毎日水をたっぷりやって育てること3ヶ月、最初25cmくらいしかなかった木は倍にもなりました。
驚くほどの成長速度です。
2011072413380000.jpg
しかし、正体はわかりません。
やはりカムカムではないようです。
新しい葉には産毛のような細かい毛が生えています。
2011072413380001.jpg

幹の質感はアセロラに似ています。
2011072413380003.jpg
葉はかなり大きく、端が少しだけ丸まっています。
2011072413380002.jpg
調べてもなかなかわからないので、植物に詳しい知人に画像を送って聞いてみました。
するとあっさり、「これはアメイシャですね。」と返事が返ってきました。

アメイシャ…Bunchosia Armeniacaはやはりアセロラと同じキントラノオ科です。
南米原産で、アメイシャとはブラジルの言葉でアンズや梅の実のことだそうです。

以前植木市で見かけた時はそれほど美味しくないと聞いていたのでスルーしていたのに、知らないうちに手元にあったとは…!!
成長は早く、実生から2,3年で開花するというし、何より150円なので、もう一本買って来ました。
2011072417500000.jpg
マンゴーやライチほどの高級感は無いにしても、成長が速く実生でも繁殖可というのはやはり大きな魅力です。
思いがけなくも手に入ったアメイシャの成長に期待です。
プロフィール

fruitslover

Author:fruitslover
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。