FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枝作り


ドラゴンフルーツの最後の収穫が終わるとすぐに新芽がたくさん出てきました。
ドラゴンフルーツは冬に枝を増やし、樹形を作ります。
新芽のうち何本かは間引いて新しい挿し木苗にします。
冬場にどれだけ大きくできるかが来年の収量を左右するので冬こそ真剣勝負です。
スポンサーサイト

食べ納め


今季最後のドラゴンフルーツが熟したのでいただきました。
少し小ぶりでしたが甘みも十分で、何より自分で育てた果実は本当に美味しいものです。
収穫後はさっそくお礼肥をしました。
これから冬の間は来年のための枝づくりです。

風にもまけず


ドラゴンフルーツ(白)が2つ結実しています。
これが今年最後の果実でしょう。
地植えして枯れ木の切り株を支柱にしてありますが、台風にも負けませんでした。

9月末の台風の時は大きくなった蕾の状態でしたが無傷で済みました。
少しずつ熟して赤みがさしてきました。
全体が真っ赤になったら収穫です。

地植えその2

一年前は小さかった鉢植えのドラゴンフルーツが手におえなくなり、地植えしてしまいました。
大きくなりすぎて支柱が支えきれなくなってしまっていたのです。
DSC_0373.jpg
植える前に、鉄の杭を地中深くまで打ち込みました。
ドラゴンフルーツ自体は風にも強いのでこれで大丈夫でしょう。
あとは、これからどのように形を整えていくか…。
DSC_0374.jpg
僅か一年でここまで大きくなるとは思いませんでした。
根もびっしりとはっていました。
この栄養たっぷりの土で、もっともっと大きくなってほしいものです。

しがみつく根


切り株を支柱にしていたドラゴンフルーツの根がふと気づくと切り株表面にしっかりと回っていました。
登攀性サボテンということで根で支柱に抱きつきながら登っていくのは知られていますが、実際に見ると逞しさに驚きます。
来年、台風が来てもこれなら耐えられるかもしれません。
この根で空気中の水分も吸収しているそうですが、もしかしたら支柱の養分も吸っているのでしょうか。
プロフィール

fruitslover

Author:fruitslover
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。