FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆コンパニオンプランツ

コンパニオンプランツというものがあります。

一緒に植えると互いに良い影響をもたらして、良く育つ相性の良い植物の組み合わせのことです。
バジルとトマト、カモミールとタマネギ、などなど多くのペアが知られています。
逆に、ネギとキャベツのように相性の悪い組み合わせもあります。

最近、新しい組み合わせを見つけました。
ドラゴンフルーツとホウオウボクです。
ドラゴンフルーツは登攀性と言って、支柱になる岩や木に沿って伸びていきます。
ドラゴンフルーツ
南米では、木に這わせて栽培しているそうです。
そこで、我が家では庭に元からあったホウオウボクを支柱にしていました。

ホウオウボクは最近話題になった、琉球王国を舞台にした小説『テンペスト』の、印象的な場面で描かれていたので、ご存知の方もいるかもしれません。
熱帯、亜熱帯ではどこでも見られる大木で、沖縄では公園や街路樹として植えられているのをよく見かけます。

このホウオウボクにドラゴンフルーツを這わせると、必ず、茎が黄色くなって弱ってくることに気がつきました。
ドラゴンフルーツが忌避する成分をホウオウボクが出しているのでしょうか。
具体的な成分までは分かりませんが、何度試しても同じ結果です。

なので、ホウオウボクを使ったドラゴンフルーツ栽培はやめました。

ドラゴンフルーツは丈夫なようでいて、妙に繊細な可愛い奴です。
今日はドラゴンフルーツの植え替え作業をたくさんしました。
スポンサーサイト
プロフィール

fruitslover

Author:fruitslover
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。